コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロール・チェックのすすめ
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロール・チェックのすすめ

コレステロールの値は、日々変化しても自覚症状があらわれません。コレステロール値を知るためには、検査を受けることが必要です。とはいえ、日常の生活の中で、気楽に検査を受けるというわけにもいきません。 そこで、自分のコレステロールの値が高くなっていないかどうか、簡単にできるチェックを確認してみるのは良い方法であるといえます。 それでは、箇条書きにしたコレステロール・チェックを始めてみましょう。最初は食事面のチェックからです。 1、肉類を食べるのが好き。 2、野菜や海草をあまり食べず、食物繊維が足りない。 3、揚げ物や甘い物を食べるのが好き。 4、日常的にアルコールを飲む。 つづいて、生活習慣についてのチェックをしましょう。 5、日頃から運動不足である。 6、ストレスを溜めがちである。 7、習慣的に喫煙している。 8、睡眠不足が続いている。 コレステロールの値は肥満にも関連があるといわれています。体質的に肥満が原因でコレステロールが増えやすい方もいますから、こちらに関するチェックも行ってみましょう。 9、ちかごろ太ってきた。 10、家族の中にコレステロールの値が高い人がいる、あるいは高脂血症の人がいる。 以上、ここまでに紹介した10のチェック項目に当てはまるものが多ければ多いほど、コレステロールの数値が高くなっている可能性が強いといえます。その場合は、時間を取って病院を受診し医師の診察を受けておくのが理想的な対処になります。 自分に当てはまる項目が3個から5個程度であれば、コレステロールの値の変化に注意して生活する程度で十分です。しかし、7個以上の項目に該当する場合はコレステロールの値が高いと思われ、メタボリックシンドロームなどの症状を発症させる危険性はとても大きいと言えます。できるだけ早期に生活習慣を見直し、病院の定期健診を受診して予防に努めることが必要です。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.