コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールの基礎知識
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールの基礎知識

コレステロールは脂質の一種である遊離脂肪酸のことで、生物を健康な状態に保つ上で非常に大事な働きをする成分です。コレステロールはLDLコレステロールとHDLコレステロールの二つのグループに分けられます。 コレステロールの歴史を概観すると、この成分が単離されたのが1784年のこと。コレステロールというこの名前に決まったのが1788年、1913年になって動脈硬化を引き起こす要因だと判っています。 以後、コレステロールに関する発見が次々となされ、マイケル・ブラウンやヨセフ・ゴールドスタインによる1985年の研究により、コレステロール代謝の機能が解明されました。 また、栄養学が発展するに従い、コレステロールは体に悪いものだという従来の印象は払拭され、研究の進んだ結果、生理的に見て人体に必要不可欠なものであることが理解されつつあります。コレステロールといえば体に悪い成分だというステレオタイプなイメージも、すっかり過去のものになりました。 コレステロールは体の細胞膜を形作り、多種多様なホルモンの材料にもなる存在で、脂質性ビタミンの代表例であるビタミンDの生成にも関与しています。 もっとも、コレステロールの負の側面は否定できません。コレステロールが血管に付着したり、コレステロールが酸化するなどのことは動脈硬化の原因となります。しかし、コレステロールは人間の体を正常に機能させるために必要な物なのだということを忘れてはいけません。 日々の生活で健康を保つために、コレステロールが基準値から大きく離れないことに留意し、食事に気を配ったり積極的に運動することでコントロールしていくことが大切です。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.