コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールとストレスの影響
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールとストレスの影響

コレステロールとストレスは決して無関係のものではありません。ストレスの有無が健康に多大な影響力がある事はよく知られていますが、コレステロールについても同様で、人体の健康と深い関連がある事が分かっています。 人体の中でコレステロールが上昇する仕組みを説明します。人体にストレスが掛かると、それに応じて副腎皮質ホルモンの分泌が活発になります。分泌された副腎皮質ホルモンは、血中で遊離脂肪酸の量を増加させるように働き、結果としてコレステロール合成を促進させることになります。 そして、コレステロールとストレスの問題でやっかいな問題となるのが、ストレスを解消しようとして食事量を増やしたり、頻繁に間食をとったり、アルコールを飲み過ぎる方が多い事です。喫煙の習慣がある人の場合は、タバコが止められなくなる場合もあるでしょう。これらの行為は、全て体内のコレステロールの値をあげてしまう結果に繋がります。 また、ストレスは自律神経に少なからぬダメージを与え、自律神経失調症を招くことがあります。自律神経失調症は、脂質代謝異状による高LDLコレステロール血症を発症させることがわかっています。 コレステロールだけにとどまらず、ストレスは体内の中性脂肪を増加させるように働きます。これは高脂血症の起因ともなります。 よって、コレステロールを上げることなく、人体を健康に安定させる為には、ストレスを乗り越えることが重要になってくるのです。適度な運動や、音楽を聞いたり旅行などの趣味は、ストレス解消にも役立つでしょう。ストレスとのたたかいは現代社会の重要なテーマですが、コレステロールをコントロールする上でも、ストレスとの上手な付き合い方は大切なことなのです。 飲みやすい青汁を飲んで栄養をとってくってのもいいですね。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.