コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと脳梗塞のリスク
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと脳梗塞のリスク

体内にコレステロールが増えると、体にはさまざまなトラブルが発生することを覚悟しなければなりません。 もともとコレステロール自体は体に必要な成分です。総コレステロール値が高いことが直接病気の原因なのではなく、バランスをとることがが大切です。 体内のコレステロールのバランスを崩すと、生活習慣病やメタボリック・シンドロームへと移行することが分かっています。その中でも脳梗塞は症状の重いもののひとつに挙げられます。 脳梗塞にはタイプによって脳血栓と脳塞栓の二つに分けられます。主たる発生原因は高血圧や動脈硬化だと言われ、もちろんコレステロールとも深い関連があるとされています。 コレステロール値が上がる事で血管内部に余分なコレステロールが溜まり、動脈硬化をひき起こします。動脈硬化は血管を狭めてしまい、更に、その部分に血の塊が詰まることで血栓が発生します。また、コレステロール値が高いと血液は粘度の高いドロドロの状態になって固まりやすくなり、血栓になりやすくなります。ひとたび血栓を起こすと血液の流れが阻害されて、脳血栓を発症させます。 もうひとつの症状である脳塞栓は、脳以外の部位で出来た血栓が原因とされています。心臓で出来るケースが多いとされる血栓が、血流に乗って脳に運ばれ、脳動脈を塞ぐ事で脳塞栓は発症します。 脳梗塞が起こると、脳の動脈とその先の脳の組織が壊死してしまいます。そのため脳が重大なダメージを受け、半身不随や意識障害、運動障害などの重大な後遺症があるとされます。 コレステロールの値が高い場合は、危険な脳梗塞のリスクについてもしっかり考えて、生活改善が出来るように努力しなければならないでしょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.