コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  高コレステロール血症の予防
promo-short
promo-long
promo-first-time

高コレステロール血症の予防

コレステロールの値が気になる方の中には、他の病気と合わせて高コレステロール血症に注意している方も多いのではないかと思います。 高コレステロール血症は脂質異常症のひとつで、血液中に存在するコレステロールの総量が多すぎると高コレステロール血症と診断されます。この状態ではコレステロールがあまりに過剰な為、遅からず動脈硬化を起こします。 あるいは、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)値が高い場合も、高コレステロール血症を起こす場合があります。 心臓や脳、腎臓などの体にとって重要な臓器は、高コレステロール血症によって大きなダメージを受けてしまいます。 高コレステロール血症は脂質異常症の中でも、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の内、コレステロールが高い状態を指します。 コレステロールは動物由来の食品に特に多く含まれます。そのため、野菜をあまり摂らず肉は大量に食べるといった偏った食生活をしていると、体内のコレステロール値が異常に高くなり、代謝不全を起こして高コレステロール血症に罹ってしまうとされています。 よく知られているように、生活習慣病のベースとなっているのは高いコレステロール値が原因である動脈硬化です。普段からコレステロールを基準値であるようにコントロールしなければ、近い将来、生活習慣病にかかるリスクは高いと言わざるを得ません。生活習慣病によって心臓や脳のトラブルが起きる危険は高く、注意しておく必要があります。 高コレステロール血症を予防するには、生活態度を改めることが近道です。栄養バランスが良くてコレステロールが少ない食品を選んで食べたり、適度な運動や禁煙、節度ある飲酒など、自分の体について普段から気をつけておきましょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.