コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールの体内での働き
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールの体内での働き

コレステロールは一般に増加すると健康に良くないというイメージで見られがちですが、実際には非常に多くの働きを体内で果たしていることがわかっています。 コレステロールが体内で作られるのは主に肝臓の役割です。コレステロールは動物の細胞膜の成分であり、動物の体を維持するためには必須のものです。細胞膜を柔軟性を保ってまま安定させる役割をコレステロールは持っています。その影響があるためか、コレステロールの数値が低下しすぎると体内の血管が破裂しやすくなると言われています。 コレステロールは人体のあらゆる組織に存在しており、特に肝臓・脊髄・脳といった臓器に多量に含まれています。また、コレステロールは胆汁の分泌にも深い関わりがあると言われています。一般に胆汁は脂肪の消化を助ける作用を持つとされていますが、この胆汁の前物質である胆汁酸はコレステロールを原料としています。 また、コレステロールが元となって作られるものとしてホルモンをあげることができます。副腎皮質ホルモンのコルチゾール、性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンが作られる際に、コレステロールは必要な成分とされています。 他には、コレステロールが脂溶性ビタミンの代表であるビタミンA、D、Eなどの代謝にも作用していることは、人体が正常な機能を維持し活動する為に大事だとされています。 こうしたコレステロールの様々な働きが分かる以前は、とかく健康被害の面ばかりが大きく取り上げられていました。しかし、上にあげたようなコレステロールの詳しい働きが解明されてからは、コレステロールの基準値を守るよう指導することが健康診断などでも行われるようになりました。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.