コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールの長生きへの影響
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールの長生きへの影響

一般に体内のコレステロールは少なければ少ないほど良いというのがこれまでの医学界では定説となっていました。しかし、最近ではコレステロール値が高い場合に長生きする方が多い事が分かってきています。 これは高齢者に限定した条件ではありますが、60歳以上の方の総コレステロール値と死亡率との関係を調べたところ、コレステロール値が220?239のケースが最も死亡率が低くなる結果が得られました。さらに、コレステロールとガンの発病の関連性をみたところ、コレステロール値160未満が最多となり、ガンの発病が最少なのはコレステロール値240以上のグループだったというデータがあるのです。 これらの調査結果から、歳を取ってからのコレステロールは多少高いくらいでもそれほど不安に感じることはないということがわかります。 そもそもコレステロールは、動物にとって細胞膜やホルモンなどの原料となる生命活動に欠かせない物質です。コレステロールが少ないという状況は、死亡率に影響を与える要因なのかもしれません。 しかしだからといって、コレステロールが高くても良いという訳ではもちろんありません。 コレステロールが高いと、糖尿病などの生活習慣病などの発症を促進してしまいますし、コレステロールの中でも悪玉コレステロール(LDLコレステロール)ばかりが増えた場合は健康上大きな問題となります。 コレステロールと長生きの関係については、まだ明らかになっていない部分もあります。しかし日常の生活を通じて適正なコレステロール値を維持し続ける事が、健康を保つポイントになるのではないでしょうか。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.