コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと嗜好品の制限
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと嗜好品の制限

コレステロールを管理する上で、切っても切れない関係にある嗜好品について考えてみましょう。 一般に健康の為には、タバコは禁煙して、アルコールの摂取も適量を守る事が大切と言われます。しかし、一口に禁煙、節度ある飲酒といっても、実際にはなかなか難しいものです。 まず、タバコについて見てみましょう、喫煙の習慣は言うまでもなく体に与える影響は甚大です。しかも、ニコチン中毒ともなると禁煙するのも一苦労で、肺がんを始めとした疾病を発症させるリスクが大きく増大します。 コレステロールにもタバコは悪影響を与えます。タバコを吸う事でL悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増え、中性脂肪も増加させることがわかっています。加えて、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させる作用を持っているので、これはかなり大きなデメリットとなります。 続いてコレステロールとアルコールの関係についても見ていきます。アルコールは適量なら血液中の善玉コレステロールの値を上昇させるとされ、気分をリラックスさせる作用も得られます。 しかし、アルコールを摂取すると肝臓で中性脂肪が作られる働きが強くなると言われています。そして中性脂肪が増えるという事は、コレステロールを増やす事につながる場合があります。もしコレステロールの値を気にしているなら、アルコールを摂取する量には十分な注意が必要になって来ます。 また、アルコールはアルコールを分解する役目を持つ肝臓に必要以上の負担を掛けさせない為にも、定期的に休肝日を決めて節度ある飲酒を心がけることが必要とされるでしょう。 コレステロールに与える影響力を考えた場合、健康を第一に考えてもタバコは一刻も早く禁煙することが望ましく、アルコールも少量であれば「百薬の長」となりますが、飲みすぎにはくれぐれも注意して休肝日を作るようにしましょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.