コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと動脈硬化の関係
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと動脈硬化の関係

体の中で増えすぎたコレステロールと、動脈硬化が引き起こされるメカニズムの間には深い繋がりがある事が分かっています。 コレステロールと一口に言いますが、大きく区分けするとコレステロールは脂質の一種になります。そのためコレステロールが動脈硬化の原因のひとつになるのだと考えている方が多いことと思われます。 もっとも、全てのコレステロールが悪いというわけではありません。悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが多く、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが少ない状態だと、本来のHDLコレステロールの働きであるコレステロールの回収が間に合わず、LDLコレステロールがどんどん血管内に蓄積されてしまう点に問題があるのです。 このことから、HDLコレステロールが少ない方は、動脈硬化を起こしやすいリスクを抱えているといえるでしょう。 総コレステロール値よりも、HDLコレステロールの数値が重視されるのはここに理由があります。コレステロール対策では、LDLコレステロールが多い場合は下げるように処置していきながら、HDLコレステロールを増やせるような対策を講じていくことが重要となっています。 動脈硬化に罹患すると、血管が硬くて脆い状態になり、血管の内部が細くなって血行も妨げられ、しまいには閉塞などを起こすことがあります。動脈硬化が起こった場所が心臓ならば心筋梗塞、脳なら脳梗塞といったように、即命にかかわる疾病を発症させる為、動脈硬化は命取りの病気です。動脈硬化を未然に防ぐためには、コレステロールをしっかりコントロールしておくことが大切です。 また、最近注目を集めているメタボリック・シンドロームや生活習慣病などの予防の為にも、自分のコレステロール値を把握しておくことは普段からの健康管理の基礎となることでしょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.