コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと高血圧の影響
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと高血圧の影響

コレステロールの値が高い人は、血圧にも注意が必要なことが最近の研究で分かってきています。よく知られていることとして、コレステロールが高いと高脂血症になりやすいことがあげられます。このことは、しいてはその人が生活習慣病にも罹りやすいことにつながります。 生活習慣病には高血圧そのものも含まれます。さらに研究が進んだことで、コレステロールの値が高い事は血圧上昇をひきおこす要因となっている事がわかっています。元々言われていることとして、コレステロールの値が高くなると血管内にコレステロールが溜まり、それによって血管の内部が細くなって結果血圧が高くなるという事があります。しかし最近の詳しい研究によると、高コレステロールの状態で働く血圧調整の機能があり、そのためその人の血圧が上がりやすくなるという、生理的な作用があるといわれています。 この働きを詳しく説明すると、まず第一段階として、コレステロールの値が高くなると腎臓から分泌されるレニンという酵素が活性化します。第二段階として、レニンの作用でホルモンの中で血圧上昇に働くことが確かめられているアンジオテンシンIIの分泌が強まり、結果として人体を高血圧へと進めていく事が分かりました。 調査結果によると、コレステロールと血圧の両方が高いケースでは、高血圧を発症させるリスクが通常の状態よりも3.1倍にのぼる事が知られています。このことからもわかるように、高コレステロール値と高血圧は、両方とも動脈硬化を促進させる要因となります。 健康で充実した生活を送る為には、コレステロールの値が高めの方は自分の血圧にも十分気を配ることが必要です。コレステロールへの注意からはじまり、高血圧、更には生活習慣病の予防を心掛けるようにしておくことが大切なことなのです。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.