コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと中性脂肪の関わり
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと中性脂肪の関わり

コレステロールと同様に体の中に存在する脂肪の一つとして、中性脂肪があげられます。 中性脂肪は皮下脂肪としても体に蓄えられ、必要な時に人体が活動するエネルギー源として活用されます。 しかし、中性脂肪も体内で増えすぎると体に悪影響を及ぼします。中性脂肪をコントロールすることが必要です。 中性脂肪をコントロールする際には、コレステロールと中性脂肪のバランスを正常に保つことが最も大切です。この二つのバランスが崩れると血中の脂肪が増えて問題が起こることになります。 その問題とは、高脂血症という症状です。 コレステロールが高い場合、中性脂肪が高い場合、そのどちらも高い場合で異なる症状を発症します。コレステロールが高い場合は高コレステロール血症、中性脂肪が高い場合は高中性脂肪血症、どちらも高い時には高コレステロール高中性脂肪血症を発症します。 高脂血症の状態であると動脈硬化に罹りやすくなります。結果、大病である心筋梗塞や脳梗塞、腎臓病を招きやすいとされます。コレステロールと中性脂肪の双方に注意することは、将来の大病を防ぐ意味からもとても重要なことなのです。 さらに、コレステロールにはHDLコレステロールとLDLコレステロールがあることにも注意が必要です。この二つのコレステロールと中性脂肪のバランスが悪く、HDLコレステロールが少なくてLDLコレステロールと中性脂肪が多い場合には、体調の変化に気を付けなければならないとされています。 コレステロールと中性脂肪は、値が変化しても自覚症状がなく、動脈硬化が起こってはじめてわかるケースもあります。検査を受けなければ状況が分からないわけですから、こまめに検査を受け、コレステロールと中性脂肪の正常値を保つようにしておきましょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.