コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと食事療法
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと食事療法

コレステロールを正常に保つには食事にも注意を払う必要があります。もしもコレステロールが少ないのであれば、コレステロールが多く含まれる食品を食べ、コレステロールが多いのならば、摂取する食品やその調理法に注意しなければなりません。 一般にコレステロールは、一日当たり1?2g人体に必要とされています。一日の必要量の60?70%は体内で合成することができます。こうしたことから、食事の形でコレステロールを補給する場合には、300mgが一日の適正摂取量であると厚生労働省によって設定されています。 健康な方なら、体内のコレステロールの値は一定に保たれるので、特にカロリーの高い物を食べ過ぎないように気を付けていれば、まずほとんど問題は起こりません。しかし、もとからコレステロール値が高かったり、疲労状態が続いていたり加齢などの場合はコレステロールの数値が上昇してしまうようです。こうした場合はコレステロールを下げるような効果のある食事に意識して切り替えていくことが必要です。 健康を維持する為には、普段から栄養バランスの良い食事を摂ることは欠かせません。特にコレステロールをコントロールするためには、栄養のバランスが取れていて油脂が少なく、ビタミン・ミネラルが豊富な食事をとるように心掛けることが必要です。もちろん、食べすぎてはカロリーの摂りすぎになりますので、腹八分目で収めておくことも重要です。 食物繊維にはコレステロールの値を下げる働きがある事が知られていますから、食物繊維を豊富に含む野菜や海草も積極的に食べましょう。加えて、料理油を使う際にはオリーブオイルなどの植物性油脂を使うようにして、油の中に含まれる善玉コレステロールを増やすようにするのも食事面でのコツとなります。 コレステロールを基準値の中に常に保てるようにするためには、日常の食事に工夫することは大切なことなのです。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.