コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールを含む食品の例
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールを含む食品の例

コレステロールは負の側面ばかりが強調されがちですが、実は健康を保つ上で必要な成分であることはあまり知られていません。 コレステロールの摂取について、最適な状態は人によって異なります。コレステロール値が高い人はコレステロールが含まれる食品を避ける必要がありますし、逆にコレステロール値が低い人はコレステロールを含む食品を食べて補給しなければなりません。 コレステロールは動物の細胞膜に欠かせない成分です。ですから、動物性食品にはコレステロールを含んだ物がたくさんあります。特にコレステロールを含む割合が高いのが卵黄で、100g中で1400mgもコレステロールを含んでいます。この値は食品では飛び抜けてコレステロール値が高いものとなっています。逆に卵白のみでは1mgしかコレステロールは含まれず、卵全体では420mgとなっています。 他に例を挙げると、肉類ではガチョウの肝臓であるフォアグラが特にコレステロールを含む割合が高くなっています。一般にコレステロール値はレバーや内臓肉などの方が、精肉よりも高いようです。 魚介類ではするめの980mg/100gが一番高くなっています。他にも桜海老、すじこ、キャビア、イカやエビなどにも多く含まれているようです。 コレステロールは乳製品にも含まれています。バターの220mg/100gが最もコレステロールを多く含みます。もちろん生クリーム、チーズ類、ヨーグルト、乳酸菌飲料にもコレステロールは含まれます。 また、意外なようですが数は少ないもののコレステロールは野菜にも存在しています。長ねぎ、玉ねぎ、なすなどがコレステロールを含む野菜の代表例です。 コレステロール値を正常に保ち健康でいるためには、コレステロールの摂り過ぎや不足がないよう数値を確認して食品を選ぶことをおすすめします。もちろん、コレステロール値が高い方は、食べ過ぎに注意しましょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.