コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと水溶性食物繊維
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと水溶性食物繊維

コレステロールを下げる効果を持っている、代表的なもののひとつに食物繊維があります。 食物繊維は、摂取して体内に入ると腸内の老廃物に働きかけ、一緒に取り込んで排出する働きを持っています。また、食物繊維にはコレステロール排泄の効果もあります。そのため、普段からコレステロールの値が高い方は食物繊維を食生活に取り入れることがおすすめです。食物繊維には水溶性と不溶性の二つのタイプがありますが、コレステロールを減らしたり、増加を抑制する効果が早いのは水溶性食物繊維です。よって、水溶性食物繊維をより積極的に摂取すべきです。 以下に食物繊維がコレステロールを下げる仕組みを説明します。健康な腸内には、老廃物とともにコレステロールや糖質などが存在しています。ここで注目したいのは、腸内に含まれる肝臓で作られた胆汁酸です。胆汁酸はコレステロールが材料となって作られる物質です。食物繊維を摂取すると、この胆汁酸が体外に排出されるといわれています。そうすると、体は体外に排出された分の胆汁酸を補って、体内のバランスを保とうとします。結果、胆汁酸の材料であるコレステロールがどんどん消費されていくことになります。この作用によって、食物繊維をたっぷり摂取することで、コレステロールを減らす効果が見込めるのです。 食物繊維いは便通を良くし腸をきれいにしてくれる働きもあります。便秘防止にも効果があるため、ダイエットをしている方はカロリーコントロールを兼ねて、食物繊維を多く含んだ食品を食べるように心掛けておくと良いでしょう。 コレステロールを下げるために、食事を制限している方もいることでしょう。普段の食事の際に食物繊維を含んだ食品をたっぷり食べると、すぐに満腹感を感じることができ、空腹感を紛らわしやすくなります。食物繊維を含んだ食品はローカロリーなので、カロリーを気にする必要がほとんどないのもメリットです。 コレステロールを無理なくコントロールするために、根菜類や海草など食物繊維が豊富に含まれた食品を食べましょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.