コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  善玉コレステロールの働き
promo-short
promo-long
promo-first-time

善玉コレステロールの働き

コレステロールにはいくつかのタイプがあることが知られています。これを大きく分類すると、2つのタイプに分けることができます。 その2つとは、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)のことです。そのうち、ここでは善玉コレステロールについて述べてみることにします。 善玉コレステロールという名称は昔から使われているものです。しかし、今では単にHDLと呼ばれることが多いようです。善玉悪玉と呼び分けた由来は、現代ほどコレステロールの研究が進歩していなかった時代に、体にプラスの作用を与えるコレステロールを善玉、体に悪い影響を与えるコレステロールを悪玉と区別されたことによります。 しかし今では、本来コレステロールには良いも悪いもなく、双方のバランスこそが大切である事が分かっています。そうした時代背景を受け、コレステロールに対する正しい理解を深める為、今では善玉コレステロールと呼ばれた物はHDL、悪玉コレステロールはLDLと呼ばれることが増えてきています。 それでは、善玉コレステロールの働きを簡単に説明します。善玉コレステロールには、体内の過剰なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役目があります。コレステロールは肝臓に運ばれると、胆汁酸の原料となって再利用されます。こうして体内のコレステロールは減少するのです。更に善玉コレステロールは、血管内にこびりついたコレステロールも取り除く役割を持っています。 これらの働きは動脈硬化の予防にもなります。そのため、体内に善玉コレステロールを増やす事で動脈硬化に掛かりにくくなり、私たちを生活習慣病から遠ざけてくれると期待できるわけです。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.