コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと遺伝体質
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと遺伝体質

体質的な原因でコレステロールが多い方がいます。自分がそのような場合だったら、コレステロールの値が遺伝するのかどうか、気になる方も多いのではないかと思います。 例えばアレルギーの発症やがんの発病などは、遺伝による体質の違いが発症・発病に大きく影響を与えるとされています。これらと同じ様に、コレステロールに関する体質も遺伝すると言われています。 しかし、体質が遺伝するとはいえ、体内でコレステロールが増加する原因はあくまで生活習慣にあります。食生活にタンパク質が多すぎることや、ほとんど運動の習慣がないこと、アルコールやタバコの摂取などの健康にダメージを与える生活習慣が高コレステロールの主たる原因であり、遺伝的な体質でコレステロールが増えやすいとされるケースは、全体のおよそ15%とされています。 とはいえ、両親ともに高脂血症を発症しているような場合は注意が必要です。年齢が高くなく、生活習慣上の対策を行っていてもコレステロールの値が改善しない場合は、遺伝による体質が原因である事が多いようです。そうした場合は、高中性脂肪血症や高コレステロール血症が発症しやすい体質であることを理解した上で、こうした生活習慣病を未然に予防するために定期的に検診を受けたり、普段からコレステロールに配慮した生活を送れるようにしておくことが重要です。 ただ、コレステロールの増加が遺伝体質と関係があるといっても、生活習慣病自体は誰でも掛かる可能性のある疾病です。遺伝の有無にかかわらず、日常的に正しい生活習慣を守り、健康な毎日が送れるようにこころがけておくことが最も大切なことだと言えるでしょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.