コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと心筋梗塞のリスク
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと心筋梗塞のリスク

コレステロールが影響を及ぼす疾病の一つとして心筋梗塞があげられます。コレステロールが血液の中に多量に存在すると血液の循環が悪くなり、それが動脈硬化をひき起こして結果心臓へ大きなダメージを与えることになります。さらに悪いことに、動脈硬化は心臓の周りの血管を脆くさせ、血流を妨げる悪影響も及ぼします。 心筋梗塞は決して程度の軽い病気ではありません。心臓の血流を止める事で心筋細胞を壊死させたり、心臓発作をひき起こして心停止させる事もあるなど、最悪のケースでは人を死に至らしめる事もある重病です。 体内のコレステロールの値が高いほど心筋梗塞やその一歩手前の狭心症が起こりやすい事が判明しています。コレステロールの値が高めの方は、心筋梗塞に対して特に注意しなければなりません。コレステロールの中でも、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高いか、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低い、あるいは中性脂肪が高いケースだと、心筋梗塞や狭心症のリスクが非常に高いとされています。 心筋梗塞の発作を予知するのは難しいとされ、突然発作が起きて治療のかい無くそのまま死亡するといった急激な症状も考えられます。そのため、普段の生活から心筋梗塞のリスクを少なくするよう努力しておくことが重要です。 コレステロールを減らせるように日常生活に適度な運動を取り入れたり、脂っこい食事や甘い物を避けることは有効です。たとえ軽い運動でも息切れするように感じたら、早めに医師の診察を受けるようにするほうがいいでしょう。できればコレステロールの値の変動にも注意して、突発的な心筋梗塞が起こらないように対策をしておくことが重要です。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.