コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールの数値管理
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールの数値管理

コレステロールについて正確な理解を得るには、標準値の知識を得ることも重要です。 測定した自分の数値と見比べて、コレステロールや中性脂肪の数字が適性かどうか調べる事は、生活習慣病を予防するための対策の第一歩です。 コレステロールの標準値についておさらいしておきましょう。総コレステロールは220mg/dL未満、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は40mg/dL以上、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)140mg/dL未満、中性脂肪は150mg/dL未満となります。自分の数値が、この標準値から大きく外れるような場合は、何らかの対処が必要となってくることでしょう。 ことに、コレステロールの値が高い方は、血液内の脂肪が多い状態だといえることに注意が必要です。高コレステロールは高脂血症から動脈硬化を引き起こし、さらにはメタボリック・シンドロームを発症させるリスクを上昇させる結果となります。 もっとも、意外なことに統計的に見ると、長生きする方はコレステロール値が高い場合が多いと言われています。コレステロールの数値が高いからといって、必ずしも悲観視する必要はないようです。 コレステロールは、HDLコレステロールとLDLコレステロールの双方が体に必要不可欠であり、正しいバランスが取れていれば、その人の健康を長く保つことができるのです。 コレステロールの管理に加えて、コレステロール値と一緒に、BMIについての理解もしておくと生活習慣病の撲滅に役立ちます。BMIはその人の肥満度の目安となります。求め方は、身長(m)×身長(m)÷体重(kg)の数式に寄り、標準の値は22となります。 コレステロール値に注意をはらいながら定期検診を受診し、自分の数値に大きな変化がないかどうか気をつけるだけでも、生活習慣病などの未然の予防につながるでしょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.