コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと外食の影響
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと外食の影響

コレステロールに気をつけている場合に限らず、ダイエットをしている時などでも外食には気をつけなくてはなりません。外食する際には常にカロリーオーバーしがちです。そうならないように注意と工夫をしながら食べることが重要です。 一般的に言って、外食は大量に油や調味料を使っています。一方、新鮮な野菜などは不足しがちです。焼肉や鍋料理などは、肉や魚介類の比重が多くコレステロールがたっぷり含まれています。しかも、こうした料理は多人数で食べる事が多いことから、自分なりに食欲をセーブすることもしにくくて食べ過ぎてしまうこともあるかと思います。 もしコレステロールを気にしているのなら、外食を食べる際には和食を選んで食べるのがお薦めです。一般に和食は低カロリーの魚や豆腐が豊富に使われますし、おひたしや煮物など、野菜を使った料理も摂る事が出来ます。和食とはいえ、てんぷらやカツ丼のような揚げ物は避けるべきです。そうすればカロリーを抑えることができます。同時に食物繊維が豊富なメニューを選べば、反対にコレステロールを下げることも可能です。和食といえば、お寿司が好きな方もたくさんいることでしょう。コレステロールを下げる作用を持つDHAは、寿司ネタに使われるイカや貝、青魚に特に豊富なので、安心して食べることができます。 最後に、食後のデザートにも注意しましょう。一見ヘルシーに思われますが果物全般や、砂糖が大量に含まれるお菓子は中性脂肪を増やしてしまいます。デザートについては食べすぎは禁物です。 外食を楽しむ際には、できるだけコレステロールを多く摂取しないように、カロリーが低く野菜を豊富に使ったメニューを選び、体への負担が少なくなるように注意しましょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.