コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと野菜の摂取
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと野菜の摂取

コレステロールを下げるためには様々な方法がありますが、おそらく最も簡単に行えるのが普段から野菜を食べる事です。なぜ野菜が良いとされるのかというと、野菜には食物繊維が豊富に含まれているからです。
コレステロールは肝臓と腸で吸収されるのですが、食物繊維たっぷりの野菜を食べることにより、腸におけるコレステロール吸収を抑える働きがある事が分かっているのです。
さらに食物繊維を充分に摂る事で胆汁酸を吸着することができます。食物繊維が胆汁酸を吸着すると、新しい胆汁酸をつくるために肝臓に貯えられたコレステロールが使われるので、結果的に血液中のコレステロールが減少します。コレステロールが消費されることで体内に溜まるのを防ぎ、コレステロールの排泄も促してくれるのです。
コレステロールを下げる効果の高い野菜には、多価不飽和脂肪酸と呼ばれる成分も含まれます。多価不飽和脂肪酸には肝臓のコレステロール分解を促進する働きがあるので、野菜を食べることでその作用を強めることができるでしょう。
ただし、この多価不飽和脂肪酸はすぐに酸化しやすいことが弱点です。多価不飽和脂肪酸の酸化をできるだけ予防して、体内のコレステロールを下げる作用を効果的にするにはベータカロテンやビタミンC、ビタミンDを一緒に摂る事が望ましいとされています。
多価不飽和脂肪酸は別名オレイン酸とも呼ばれています。一般的に用いる食材で言えばオリーブ油などに豊富に含まれています。また、酸化予防の効果のあるベータカロテンなどは緑黄色野菜などに多く含まれます。
こうした特性をうまく使ったコレステロールを下げる食事として、にんじんやかぼちゃのオリーブ油炒めなどはいかがでしょうか。野菜は火を通すことでおいしくたくさん食べることができます。
コレステロールを適切に管理して日頃から健康に過ごす為にも、色の濃い野菜をたっぷりと食べる食生活がお薦めです。

筋トレ

サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.