コレステロールを下げる食事


コレステロールを下げる食事トップ >  コレステロールと大豆
promo-short
promo-long
promo-first-time

コレステロールと大豆

大豆は良質なタンパク質を含み、健康食として以前から人気の高い食品です。最近では大豆の持つコレステロールを下げる効果についても大きな期待が寄せられています。 大豆にコレステロールを下げる効果があると言われるその理由は、コレステロールを減らし、動脈硬化予防の働きが持つ不飽和脂肪酸を豊富に含むことによります。 不飽和脂肪酸は肝臓でのコレステロール分解促進の働きに関連が深い成分です。そのためコレステロールの値を減少させるのに重要な働きを担っているとされています。 大豆にはこの不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、しかも低カロリーな植物性タンパク質食品で、体に優しい食べ物だといえます。 善玉コレステロール(HDLコレステロール) を増やす効果のあるレシチンや、血圧を上がりにくくするカリウムも含まれていて、生活習慣病対策やダイエットのサポートにも最適です。 さらに、大豆にはイソフラボンが多く含まれていることは、コレステロールが気になる女性にとってはうれしい事です。イソフラボンは植物性のポリフェノールの一種で女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用を持つため、女性ホルモンの不足を補ってくれます。その効果としては、コレステロール対策をしながら骨粗しょう症や乳がん、更には美容効果も得られるとされ、善玉コレステロールを増やす働きもあるとされています。 加えて、大豆にはコレステロールに有効な成分、サポニンも含まれています。サポニンは、コレステロール代謝を促進する作用があり、コレステロール値を下げる効果があります。 これらの多くの働きからも、大豆はコレステロール値を下げる効果が高いと言えます。様々な加工食品の形で日常的にも食生活に取り入れやすく、コレステロールをコントロールする食品として大変お薦めと言えるでしょう。
サイト情報
リンク集

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 コレステロールを下げる食事 All Rights Reserved.